RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~ビーム・ガトリングガン装備+バスーカ

uni-8.jpg

RECKLESS ユニコーンガンダム デストロイモード~ビーム・ガトリングガン装備

同キットのユニコーンモードからビーム・ガトリングガンを流用、装備させてみました。
シールドの取り付けパーツは2種類製作、着脱可能としましたのでコンバーチブルで飾れます。
この姿だと赤くフレームを塗ってしまいそうですが、覚醒カラーのグリーンでいきます。


uni-9.jpg

ハイパー・バズーカ

こちらもユニコーンモードから。
背中に装備させようかと思いましたが、テールヘビーになってしまい転倒の危険性があるため断念・・・。
ユニコーンと一緒に並べて飾る予定です。
スポンサーサイト

RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~ビーム・ガトリングガン

uni-7.jpg

RECKLESS ユニコーンガンダム

ユニコーンモードから流用のビーム・ガトリングガンです。
歪んでいたパーツはお湯とドライヤーで矯正。
グリップパーツの歪みは矯正しきれなかったので「プラ棒+市販丸パーツ」にて新造。
それぞれのパーツを真鍮線にて接続。
バズーカともに「サフ>気泡埋め」の作業はまだ続きます・・・。

RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~サフチェック

uni-6.jpg

studio RECKLESS ユニコーンガンダム デストロイモード

いきなりですが、最終サフ(下地)チェックの状態です。
(一部パーツは外しての撮影です)

ガイアノーツ「サーフェーサー EVO」をエアブラシにて吹き付け。
ホワイトレジンは気泡やキズを視認し辛いので、サフグレーではじめて気付くことも多いです。
(もちろんレジンキャストの下地塗装として塗料の食い付きを高める効果にも期待)

今週末からいよいよ塗装に入る予定です。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
更新遅めですが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


■MG RX-178 ガンダムMk-II Ver.2.0
詳細は後日UP予定です。


mg-gundam-mk-ii-11.jpg

M's 1/100 サザビー完成


rec-sazabi-11.jpg

■M's 1/100 MSN-04 サザビー
「キャラホビ2013 C3×HOBBY」にて限定販売されたレジンキャストキットを制作。
RECKLESS(レックレス)版サザビーを1/100スケールにサイズアップしたガレージキット。
マスターグレード版とはまた異なったアレンジが魅力的なサザビーです。

制作工程はコチラから過去ログをご覧ください。


rec-sazabi-1.jpg


rec-sazabi-16.jpg


res-sazabi-3.jpg


rec-sazabi-2.jpg



rec-sazabi-10.jpg




rec-sazabi-14.jpg

■ビーム・ショット・ライフル
銃口、及び内部バレルをメタルパーツに換装。

rec-sazabi-17.jpg




rec-sazabi-15.jpg

■シールド
気泡埋めなどの表面処理を丁寧に行いました。
中央のエンブレムは付属デカールを使用。




rec-sazabi-8.jpg

■腕部
肩アーマー内部、シリンダーをメタルパーツに換装。
特に左腕~肩にかけてはシールド保持のため、2㎜軸の金属線にて強化補強を行っています。




rec-sazabi-6.jpg

■バックパック
バーニア×3 をメタルパーツに換装。
タンク・バーニア基部などは「ブラック>ホワイトパール」のメタリック塗装仕上げ。
(あまり見えませんが・・・)




rec-sazabi-7.jpg

■バストアップ
モノアイはHIQパーツ「VCドーム」を使用。
腹部拡散粒子砲はメタルパーツにて3重構造を再現。
ファンネルの砲口内部もメタルパーツに換装。




rec-sazabi-12.jpg

rec-sazabi-5.jpg

rec-sazabi-13.jpg

■脚部
内部バーニア、シリンダーをメタルパーツに換装。
足首裏、脛内部もきちんと塗り分けました。
各バーニア内部はメタルプライマー下地から、外装をスモークグレー、内部をクリアイエローにて塗装。



rec-sazabi-4.jpg


最期までご覧いただき、ありがとうございました。