MG 百式 Ver.2.0


hyaku-1.jpg

まずは百式の特徴的な脚部から。
内部フレームが見え隠れする百式の見せ場のひとつです。
脛前部にあるシリンダーパーツを切り取り、2.5㎜金属線に交換しました。
元キットより やや太めの口径となっております。



スポンサーサイト

RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~ビーム・ガトリングガン装備 完成


unicorn-1.jpg


unicorn-3.jpg


unicorn-4.jpg

■RX-0 UNICORN GUNDAM (DESTROY MODE)
studio RECKLESS ユニコーンガンダム デストロイモード
同ガレージキットのユニコーンモードからパーツ流用してビーム・ガトリングガン装備となっています。
サイコフレームは物語終盤で活躍する覚醒カラーのグリーンで塗装。

□カラーリングデータ
ホワイト・・・クールホワイト+ネービーブルー
ブルー・・・ネービーブルー+色ノ源シアン
イエロー・・・黄燈色+クールホワイト+蛍光オレンジ
フレームグレー・・・ニュートラルグレー+ホワイト
アームグレー・・・RLM75グレーバイオレット
メタリック・・・ウイノーブラック>FGホワイトパールコート>スーパークリアーIII
サイコフレーム・・・ウイノーブラック>スターブライトシルバー>スーパークリアーIII>蛍光ブルーグリーン

スミ入れはエナメル塗料
トップコートはフィニッシャーズ スーパーフラットコートを使用。


unicorn-6.jpg


unicorn-8.jpg


unicorn-12.jpg


unicorn-13.jpg

■ビーム・ガトリングガン
センサーをカーモデル用のプロジェクターライトに置き換え。
蛍光ピンク+スーパークリアーIIIで薄くコート仕上げ。


unicorn-7.jpg

■バックパック
メインバーニアは形状、ディテール共に素晴らしいキットのものを使用。
メタリックパール塗装で仕上げました。

unicorn-5.jpg


unicorn-2.jpg


unicorn-9.jpg


unicorn-10.jpg

■ハイパー・バズーカ
ビーム・ガトリングガン同様、ユニコーンモードから。
ガトリングガンなし用のシールド取り付けパーツも製作しました。




unicorn-11.jpg

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~ビーム・ガトリングガン装備+バスーカ

uni-8.jpg

RECKLESS ユニコーンガンダム デストロイモード~ビーム・ガトリングガン装備

同キットのユニコーンモードからビーム・ガトリングガンを流用、装備させてみました。
シールドの取り付けパーツは2種類製作、着脱可能としましたのでコンバーチブルで飾れます。
この姿だと赤くフレームを塗ってしまいそうですが、覚醒カラーのグリーンでいきます。


uni-9.jpg

ハイパー・バズーカ

こちらもユニコーンモードから。
背中に装備させようかと思いましたが、テールヘビーになってしまい転倒の危険性があるため断念・・・。
ユニコーンと一緒に並べて飾る予定です。

RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~ビーム・ガトリングガン

uni-7.jpg

RECKLESS ユニコーンガンダム

ユニコーンモードから流用のビーム・ガトリングガンです。
歪んでいたパーツはお湯とドライヤーで矯正。
グリップパーツの歪みは矯正しきれなかったので「プラ棒+市販丸パーツ」にて新造。
それぞれのパーツを真鍮線にて接続。
バズーカともに「サフ>気泡埋め」の作業はまだ続きます・・・。

RECKLESS ユニコーンガンダム(デストロイモード)~サフチェック

uni-6.jpg

studio RECKLESS ユニコーンガンダム デストロイモード

いきなりですが、最終サフ(下地)チェックの状態です。
(一部パーツは外しての撮影です)

ガイアノーツ「サーフェーサー EVO」をエアブラシにて吹き付け。
ホワイトレジンは気泡やキズを視認し辛いので、サフグレーではじめて気付くことも多いです。
(もちろんレジンキャストの下地塗装として塗料の食い付きを高める効果にも期待)

今週末からいよいよ塗装に入る予定です。