「HELLO,VIFAM」 ②

vifam-75.jpg
■FAM-RV-S1 バイファム
「銀河漂流バイファム」の主役機ラウンドバーニアン バイファム。
30年以上前のTVアニメ作品ですが、宇宙戦を意識したデザインや英語歌詞のオープニング。
そして感動的なストーリー(特に最終回)が今なお語り継がれる名作です。
放映当時のプラモデルも名作の誉れ高いのですが、現在の水準でのリニューアルキット化はされていません。
(イベント限定で既存キットへ組み込める改造パーツは発売されています)
ですが、ついにwaveさんから決定版といえる1/100スケールフルカラーレジンキャストが発売されました。
今回「スリングパニアー+シールド+ポッド内臓型胴体」、さらに「OVAバイファム13」版の頭部までセットされたデラクッス版を制作。
制作工程は過去エントリーからご覧下さい。


vifam-77.jpg



vifam-78.jpg

vifam-79.jpg


DSC_0364.jpg

DSC_0365.jpg

DSC_01501.jpg


DSC_0333.jpg

DSC_0339.jpg
■頭部
左:通常版 右:13版

DSC_0373.jpg
■胴体:ノーマル版
頭部は13版です。

vifam-88.jpg

vifam-89.jpg


vifam-90.jpg


vifam-84.jpg

vifam-82.jpg



vifam-80.jpg

vifam-86.jpg



vifam-93.jpg

vifam-94.jpg


vifam-96.jpg


最後までご覧いただきありがとうございました!

※頭部2種のうちTV版、OVA版と記載しておりましたが、正しくは「×OVA」→「バイファム13」版です。
いずれもTV版には違いなく、「バイファム13」は後に制作された外伝作品です。
こちらもオープニング良い曲なのです♪
スポンサーサイト

VIFAM is coming soon !


vifam-74.jpg
お待たせしております、wave バイファム
ページ2、近日公開!

「HELLO,VIFAM」①

【お知らせ】
ホームページのアップロードがうまくいかないため、当初の予定を変更して
ブログに画像をアップしていこうと思います。
サーバーへのページアップの方法が判明しましたら、従来のホームページへ再アップ予定です。

wave バイファム
お待たせしました。
バイファム スリングパニアー装備の画像をアップです。

vifam-68.jpg

DX版にセットされているスリングパニアー+シールド(+ディテール重視仕様ボディ)を組み上げた姿です。
胴体から脚部にかけて各関節の補強+テンション調整を実施。
自重でグラついていた腰~下半身が安定したことによってスリングパニアー装備でも安定したディスプレイが可能となりました。

vifam-70.jpg

専用ランドセル、パニアー本体の内部をリューターで削り込み、極限まで軽量化を行っています。
(キットのままだとキャストの自重によるトップヘビーが凄まじく、立ちポーズが安定しないため)
ラウンドバーニアンの代名詞というべきバーニアは各サイズを合わせたメタルパーツに換装しました。

vifam-72.jpg

vifam-73.jpg

続いてノーマル装備(ビームガン装備)
ご覧の通り、素晴らしいボディバランスです。
バイファムといえばこのシンプルな姿を連想する方も多いのでは。

vifam-71.jpg

カラーリングは主にガイアカラーを使用。
劇中のイメージで配色。
マーキングは「マスターファイル ラウンドバーニアン FAM-RV-S1 バイファム」の指定マーキングを参考に配置。

次回更新では各部アップ、及び付属品の画像をアップ予定です。

wave バイファム 44

vifam-67.jpg
wave バイファム

完成後初の全身アップです。


背景色を黒にして撮影、したのですが思わぬトラブル発生!
SDカードからPCへ転送中にトラブルが発生したらしく、データ破損のログが・・・。
もう一度転送を試みるも、カードデータをフォーマットしてくださいと出るのみ。
カードリーダーの不具合?なのかどうかわかりません・・・。
スリングパニアー装備の姿も撮影していたのですが、すべてデータ転送に失敗してしまいました・・・。
しかしながら、白背景で数枚撮影していた画像データ数枚が無事転送されていましたので今回UPしてみました。
(ビームガン装備のみですが・・・)
完成しているにも関わらず、いろいろバタバタしてしまい不甲斐ない・・・。
カードリーダーを新調してみて、再度撮影アップしたく思います。

wave バイファム 43

wave バイファム

慣れない一眼デジ(レンズ含む)+PC新調によって撮影、画像アップに時間掛かっています・・・。
ただ少しずつ撮影モードによるコツも掴めてきていますので今しばらくのお待ちを。
そして今回はビームガンを装備した姿を撮影してみました。
やはり、バイファムはこの姿がしっくりきます。
胴体パーツはデラックス版のディテール重視ボディを装着。
いかにも開きそうなコクピットハッチ(本当に開きます!)、やや小ぶりの「7」ナンバーも良い感じに仕上がりました。

そして、画像はといいますと・・・。
曇りの日に撮影したのでやや光源が暗いです。
さらにLEDライト、もしくはレフ板を増やしたほうが良いかも?
次回は背景を黒にしてみて撮影アップ予定です。

vifam-66.jpg