「HELLO,VIFAM」 ③

wave バイファム

各パーツ、主にDX版パーツの補足です。
実際にパーツを手に取って確認、そして組み立てて初めて分かることが多い本キット。
今後、制作しよう!という方への参考にもなれば幸いです。

まずはコクピットポッドハッチ開閉ギミック。

vifam-97.jpg


左腕シールドの着脱
vifam-98.jpg

vifam-99.jpg


スリングパニアー
vifam-101.jpg

vifam-102.jpg

vifam-103.jpg

シールド、及びスリングパニアー装備はキットパーツと説明書を確認すると分かるのですが、コンバーチブルキットとなっております。
特にスリングパニアーのパーツはキットのまま組み立てると着脱可能とは言い難く、2種類のいずれかの胴体パーツにパニアーパーツを固定推奨といった趣があります。
レジンキットという性質を考えれば正しい方針かと思いますけど、ポッド内臓型胴体をメインにコンバーチブルで楽しみたいところでしたので今回の着脱改造と相成りました。

vifam-95.jpg

バンダイアクションベースに対応可能です。
しかしながら、スリングパニアー+シールドのフル装備ですのでかなりの重量となっております。
今回撮影にあたってはアクションベースの接続軸に金属線で補強して臨みました。


DSC_0323.jpg

今回のバイファムはホームページにて再アップ予定です。
(他にも撮影した画像あるのですが、PCでみると画像切れてしまっているものもありますので・・・)
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!
「NEVER GIVE UP !」
スポンサーサイト

「HELLO,VIFAM」 ②

vifam-75.jpg
■FAM-RV-S1 バイファム
「銀河漂流バイファム」の主役機ラウンドバーニアン バイファム。
30年以上前のTVアニメ作品ですが、宇宙戦を意識したデザインや英語歌詞のオープニング。
そして感動的なストーリー(特に最終回)が今なお語り継がれる名作です。
放映当時のプラモデルも名作の誉れ高いのですが、現在の水準でのリニューアルキット化はされていません。
(イベント限定で既存キットへ組み込める改造パーツは発売されています)
ですが、ついにwaveさんから決定版といえる1/100スケールフルカラーレジンキャストが発売されました。
今回「スリングパニアー+シールド+ポッド内臓型胴体」、さらに「OVAバイファム13」版の頭部までセットされたデラクッス版を制作。
制作工程は過去エントリーからご覧下さい。


vifam-77.jpg



vifam-78.jpg

vifam-79.jpg


DSC_0364.jpg

DSC_0365.jpg

DSC_01501.jpg


DSC_0333.jpg

DSC_0339.jpg
■頭部
左:通常版 右:13版

DSC_0373.jpg
■胴体:ノーマル版
頭部は13版です。

vifam-88.jpg

vifam-89.jpg


vifam-90.jpg


vifam-84.jpg

vifam-82.jpg



vifam-80.jpg

vifam-86.jpg



vifam-93.jpg

vifam-94.jpg


vifam-96.jpg


最後までご覧いただきありがとうございました!

※頭部2種のうちTV版、OVA版と記載しておりましたが、正しくは「×OVA」→「バイファム13」版です。
いずれもTV版には違いなく、「バイファム13」は後に制作された外伝作品です。
こちらもオープニング良い曲なのです♪

VIFAM is coming soon !


vifam-74.jpg
お待たせしております、wave バイファム
ページ2、近日公開!

「HELLO,VIFAM」①

【お知らせ】
ホームページのアップロードがうまくいかないため、当初の予定を変更して
ブログに画像をアップしていこうと思います。
サーバーへのページアップの方法が判明しましたら、従来のホームページへ再アップ予定です。

wave バイファム
お待たせしました。
バイファム スリングパニアー装備の画像をアップです。

vifam-68.jpg

DX版にセットされているスリングパニアー+シールド(+ディテール重視仕様ボディ)を組み上げた姿です。
胴体から脚部にかけて各関節の補強+テンション調整を実施。
自重でグラついていた腰~下半身が安定したことによってスリングパニアー装備でも安定したディスプレイが可能となりました。

vifam-70.jpg

専用ランドセル、パニアー本体の内部をリューターで削り込み、極限まで軽量化を行っています。
(キットのままだとキャストの自重によるトップヘビーが凄まじく、立ちポーズが安定しないため)
ラウンドバーニアンの代名詞というべきバーニアは各サイズを合わせたメタルパーツに換装しました。

vifam-72.jpg

vifam-73.jpg

続いてノーマル装備(ビームガン装備)
ご覧の通り、素晴らしいボディバランスです。
バイファムといえばこのシンプルな姿を連想する方も多いのでは。

vifam-71.jpg

カラーリングは主にガイアカラーを使用。
劇中のイメージで配色。
マーキングは「マスターファイル ラウンドバーニアン FAM-RV-S1 バイファム」の指定マーキングを参考に配置。

次回更新では各部アップ、及び付属品の画像をアップ予定です。

wave バイファム 44

vifam-67.jpg
wave バイファム

完成後初の全身アップです。


背景色を黒にして撮影、したのですが思わぬトラブル発生!
SDカードからPCへ転送中にトラブルが発生したらしく、データ破損のログが・・・。
もう一度転送を試みるも、カードデータをフォーマットしてくださいと出るのみ。
カードリーダーの不具合?なのかどうかわかりません・・・。
スリングパニアー装備の姿も撮影していたのですが、すべてデータ転送に失敗してしまいました・・・。
しかしながら、白背景で数枚撮影していた画像データ数枚が無事転送されていましたので今回UPしてみました。
(ビームガン装備のみですが・・・)
完成しているにも関わらず、いろいろバタバタしてしまい不甲斐ない・・・。
カードリーダーを新調してみて、再度撮影アップしたく思います。